オンラインショッピングの歴史

未分類
この記事は約3分で読めます。

オンラインショッピングは星の数ほどある昨今。便利でもありますが、注意しないと個人情報なども

含まれるのでセキュリティがどうなのか不安ですよね。

日本オンラインショッピングの始まり

日本のネットショップの誕生は家電のデオデオ1993年が最初です。

そして、そのあとのネットショップと言えば、やはり楽天(1997年)ではないでしょうか。

1990年代後半に楽天市場、そしてヤフーショッピング、が華々しく誕生し日本で

話題になりましたね。その後、1990年代後半にかけて、家電を含む小売店舗を持っている

ビジネスが続々と参入していきました。

アメリカのアマゾン

1995年にアマゾンが参入し、其のあとのネットショッピングの目覚ましい発展は言うまでもありませんね。アマゾンが小売店舗を含め、ショッピングの概念を変えてしまった、未来のショッピングはどこに進むのでしょうか?

98年7月には「楽天スーパーオークション」(楽天オークションを経て現在はフリマアプリ「ラクマ」に移行)を開始し、オークション事業にも参入した。

楽天を創業した理由について三木谷浩史社長兼会長は、自身が監修した書籍でこう振り返っている。

日本興業銀行(現、みずほフィナンシャルグループ)を1997年に辞め、楽天を創業したことについて、なぜ決断できたのかと人から尋ねられることがある。いま思えば、当時の自分にはインターネットが世の中を大きく変えていく、という確信があった。ネットショッピングやメディアといった領域ごとに起こる変化にとどまらず、インターネットは世界の新しいインフラとして物事のすべてを覆い、完全に情報の流れを変化させるだろうという確信だ。そこから事業として思いついたのが「店舗主体のショッピングモール」であった。

─『ヒューマン・コマース グローバル化するビジネスと消費者』(発行:KADOKAWA、2014年)より

99年には「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!オークション」がオープンした。

同じく99年にディーエヌエー(DeNA)が創業、オークションサイト「ビッダーズ」を開設。ビッターズはDeNAショッピングを経て、現在KDDIコマースフォワードが運営する「Wowma!」へと姿を変えている。

大手ECモールやオークションサイトの誕生により、ネット通販事業者は加速度的に増えていった。

楽天も世界侵略を目指し、日々進化しています。

日本のe Commerceの先行きが楽しみでたまりません。

アメリカの情報をたくさん知りたいかたのために、面白いブログを書いている方を見つけました。

興味がある方は読んで見てください。ニューヨーク楽しそうですね。

ニューヨークアメリカの情報

今後ますます、グローバル化が進んでいくこの世界。日本が取り残されないことを日々願っています!

タイトルとURLをコピーしました